2020年度広島市委託事業・メディア芸術振興プロジェクト推進業務「広島アニメーションだより」発行

「広島アニメーションだより」発行事業トップページに戻る

昨年度に続き、広島市からの委託を受けて、「広島アニメーションだより(Hiroshima Animation Letter)」の編集を当NPOが担当しています。
A4サイズ4ページ(A3二つ折り)のニュースレターです。
広島アニメーションだよりvol.22 p1画像
平成24(2012)年度までは「アニフェスだより」の名前で、広島国際アニメーションフェスティバル関連情報を伝えるニュースレターとして、広島国際アニメーションフェスティバル事務局が発行していたものです。
当NPOが編集を担当することで、広島国際アニメーションフェスティバル関連情報に加えて、広島のメディア芸術動向やイベント情報・レポート、広島ゆかりのアニメーション作品の応援など、幅広くお伝えしています。年間3号発行します。

Vol.22は2020年7月22日に発行。

Vol.22では、メイン特集は新型コロナ禍の下、オンラインによる審査となった第18回広島国際アニメーションフェスティバルについて、第2特集では、今年で3回目となる当NPO企画、広島市映像文化ライブラリー共催「広島ゆかりのアニメーション」上映会(7/30~31)を取り上げています。
広島ゆかりのアニメーション上映会は2日間に縮小開催となりましたが、『ピカドン』、『かっ飛ばせ! ドリーマーズ ~カープ誕生物語~』、『ヒロシマに一番電車が走った』、『クロがいた夏』の4本を上映します。戦後広島の復興期に広島カープが誕生した時期を子ども達の視点から描く『かっ飛ばせ! ドリーマーズ ~カープ誕生物語~』は、昨年度に広島市映像文化ライブラリーに収蔵された35mmフィルム上映です。是非ご覧になってください。
他に、ミニシアター閉館の危機を救うためのクラウドファンディング「ミニシアター・エイド(Mini-Theater AID)基金」についてのコラムや、毎号掲載「この世界の片隅にNews」、マンガやアニメーションに関する美術展のご紹介など掲載しています。

広島市関連施設(各区民文化センター、アステールプラザ、市民交流プラザ、区役所、公民館ほか)で無償配布されています。ぜひご覧ください。
詳細な配布場所は下記、広島市市民局文化振興課までお問い合わせください。

※22号の印刷物はそれぞれの配布場所へお送りしていますが、配布開始時期や入手可能かどうかは各施設の状況によります。各施設の新型コロナウイルス感染症対策にご協力の上、入手してください。

一部の号は、
八丁座(広島市中区胡町 福屋八丁堀本店8F)
ヤマトギャラリー零/街かど市民ギャラリー90(呉市中通3丁目)
大和ミュージアム(呉市宝町)
呉市立美術館(呉市幸町 入船山公園内)
呉市市民協働センター(くれ協働センター/呉市役所1階)(呉市中央)
 呉市市民協働センター(ひろ協働センター/広市民センター4階)(呉市広古新開)
ひろしまブランドショップTAU(東京都中央区銀座1丁目)
明治大学米沢嘉博記念図書館(東京都千代田区神田猿楽町)
北九州市漫画ミュージアム(福岡県北九州市浅野2丁目 あるあるCity5・6階)
京都国際マンガミュージアム(京都府京都市中京区 元龍池小学校)
昭和のくらし博物館(東京都大田区南久が原)
横浜シネマリン(神奈川県横浜市中区長者町)
シネマ・ジャック&ベティ(神奈川県横浜市中区若葉町)
にも置いていただいています。

横浜ニューテアトル(神奈川県横浜市中区伊勢佐木町)
 2018/6/1惜しまれながら閉館。置いていただきありがとうございました。

当NPO正会員・準会員には毎号送付しています。
会員以外の方は、当NPO事務局までご連絡いただければ、お送りすることもできます(送料負担をお願いする場合があります)。

pdfファイルはこちらからダウンロードできます。
広島アニメーションだよりvol.22 軽量版(pdf/665KB)
 広島アニメーションだよりvol.22 高画質版(pdf/3.15MB)

以下の広島市サイトからもpdfファイルをダウンロードできます。
▷▷ 広島市 – メディア芸術の推進(広島メディア芸術振興プロジェクト)

お問い合わせ
■広島市市民局文化振興課
E-mail: bunka@city.hiroshima.lg.jp
Tel: 082-504-2500

■NPO法人広島アニメーションシティ事務局
当サイトお問い合わせフォームよりご連絡ください。

← 「広島アニメーションだより」令和元(2019)年度 発行実績ページ

「広島アニメーションだより」発行事業トップページに戻る