「広島アニメーションだより」発行事業トップページに戻る

広島アニメーションだよりvol.19 p1画像昨年度に続き、広島市からの委託を受けて、「広島アニメーションだより(Hiroshima Animation Letter)」の編集を当NPOが担当しています。
A4サイズ4ページ(A3二つ折り)のニュースレターです。

平成24(2012)年度までは「アニフェスだより」の名前で、広島国際アニメーションフェスティバル関連情報を伝えるニュースレターとして、広島国際アニメーションフェスティバル事務局が発行していたものです。
当NPOが編集を担当することで、広島国際アニメーションフェスティバル関連情報に加えて、広島のメディア芸術動向やイベント情報・レポート、広島ゆかりのアニメーション作品の応援など、幅広くお伝えしています。

Vol.19は2018年7月29日に発行。※印刷物配布は8/3~5頃から準備整い次第開始する予定。
今年度は4ページ(A3二つ折り)でのお届けとなります。昨年よりページ数は減りましたが、充実した内容をお送りする所存です。

Vol.19では、メイン特集は当NPO企画、広島市映像文化ライブラリーと共催「広島ゆかりのアニメーション」上映会(8/22~25)。『ピカドン』『はだしのゲン』『はだしのゲン2』をはじめとして、1970年代後半から現在までに作られた平和への願いがこめられた広島ゆかりのアニメーション8作品を特集上映して、広島とアニメーションの関わりを再発見していただきたいとの思いで企画したものです。
他に、地域発デジタルコンテンツ総務大臣奨励賞を受賞した基町高校のアニメーション作品紹介、ポップラ劇場2019市民野外上映会『ももへの手紙』(8/17)お/知らせ、八丁座『この世界の片隅に』英語字幕版上映(8/2~1週間限定)応援記事も掲載しています。
《参考情報》
映画『この世界の片隅に』初の地上波放送は8/3(土)21:00~ NHK総合にて、また、NHKスペシャル「#あちこちのすずさん」は8/10(土)21:00~ 同じくNHK総合にて。劇場で楽しみ、テレビで楽しみ、両方体験できて、“戦争の記憶”をつないでいくアニメーションの力を感じられる貴重な期間となりそうです。

広島市関連施設(各区民文化センター、アステールプラザ、市民交流プラザ、区役所、公民館ほか)で無償配布されています。ぜひご覧ください。
詳細な配布場所は下記、広島市市民局文化振興課までお問い合わせください。

※19号の印刷物配布は8月3~5日頃から、それぞれの配布場所で準備整い次第、順次開始する予定です。

一部の号は、
八丁座(広島市中区胡町 福屋八丁堀本店8F)
ヤマトギャラリー零/街かど市民ギャラリー90(呉市中通3丁目)
大和ミュージアム(呉市宝町)
呉市立美術館(呉市幸町 入船山公園内)
呉市市民協働センター(くれ協働センター/呉市役所1階)(呉市中央)
 呉市市民協働センター(ひろ協働センター/広市民センター4階)(呉市広古新開)
ひろしまブランドショップTAU(東京都中央区銀座1丁目)
明治大学米沢嘉博記念図書館(東京都千代田区神田猿楽町)
北九州市漫画ミュージアム(福岡県北九州市浅野2丁目 あるあるCity5・6階)
京都国際マンガミュージアム(京都府京都市中京区 元龍池小学校)
昭和のくらし博物館(東京都大田区南久が原)
横浜シネマリン(神奈川県横浜市中区長者町)
シネマ・ジャック&ベティ(神奈川県横浜市中区若葉町)
にも置いていただいています。

横浜ニューテアトル(神奈川県横浜市中区伊勢佐木町)
 2018/6/1惜しまれながら閉館。置いていただきありがとうございました。

当NPO正会員・準会員には毎号送付しています。
会員以外の方は、当NPO事務局までご連絡いただければ、お送りすることもできます。

pdfファイルはこちらからダウンロードできます。
広島アニメーションだよりvol.19 軽量版(pdf/844KB)
 広島アニメーションだよりvol.19 高画質版(pdf/9.63MB)

以下の広島市サイトからもpdfファイルをダウンロードできます。
▷▷ 広島市 – メディア芸術の推進(広島メディア芸術振興プロジェクト)

お問い合わせ
■広島市市民局文化振興課
E-mail: bunka@city.hiroshima.lg.jp
Tel: 082-504-2500

■NPO法人広島アニメーションシティ事務局
当サイトお問い合わせフォームよりご連絡ください。

← 「広島アニメーションだより」平成30(2018)年度 発行実績ページ

「広島アニメーションだより」発行事業トップページに戻る