手塚治虫作品上映とトークショーチラシマンガの神様として知られる手塚治虫のあまり知られていない面を知っていただく、アニメーション上映とトークショーを企画しました。

手塚治虫がテレビアニメ草創期の1960年代(テレビアニメ第1作『鉄腕アトム』放映は1963/1/1~1966/12/31)に手がけた実験的アニメーション2作品『ある街角の物語』(1962年・38分)、『展覧会の絵』(1966年・33分)を是非ご鑑賞ください。知る人ぞ知る名作でDVDも発売されていますが、銀幕で観る機会はなかなかありません。
あわせて、手塚プロダクションチーフプロデューサー湯本裕幸氏の手塚愛あふれる、手塚治虫の意外な一面、作品制作にまつわるこぼれ話や面白話、ウラ話など、ここでしか聞けないトークをお楽しみいただけます。

【日時】2017年11月18日(土)
    上映10:30~ 18:00~ トークショー14:00~15:30
【会場】広島市映像文化ライブラリー2Fホール(広島市中区基町3-1)
    http://www.cf.city.hiroshima.jp/eizou/
【料金】上映:各回 大人510円、シニア(65歳以上)250円、高校生以下無料
    トークショー:無料
【主催】NPO法人広島アニメーションシティ、広島市、(公財)広島市文化財団広島市映像文化ライブラリー
【協力】広島国際アニメーションフェスティバル実行委員会事務局

上映作品:
・ある街角の物語(1962年・38分)
・展覧会の絵(1966年・33分)

トークショー:
手塚プロダクションチーフプロデューサー 湯本裕幸氏
(司会)タレント 田辺祐三子氏

タイムスケジュール(予定):
(1) 10:30~11:41 上映1回め
(2) 14:00~15:30 トークショー
(3) 18:00~19:11 上映2回め
※上映は2回とも2作品を上映する同じプログラムです。

★チラシpdfはこちらからダウンロードいただけます。
チラシ表面 (950KB)
チラシ裏面 (1.29MB)