Habyクラブ

Habyクラブとは

「広島国際アニメーションフェスティバル」及びその開催を契機としてアニメーションを活かした都市おこしとして実施される「広島アニメーションビエンナーレ」の両事業を広くサポートし、アニメーションを、広島文化として盛り上げようとするサポーター組織として、2004年3月に誕生しました。

habyclub2004年4月に、アニメーションビエンナーレのイメージキャラクターHaby (ハビー)くんの制作者である山村浩二さんをゲストに迎え集いを行いました。そして、会の正式名称をHaby (ハビー)クラブと決定しました。

月1回程度の交流会、広島を来訪するアニメーション作家や監督を囲んで市民とクリエイターとの交流、「アリスガーデンでアニメナイト」によるアマチュアのアニメーション作品の募集・上映活動など、様々な取組みをしてきました。
広島アニメーションビエンナーレ基金の解散後は、事業の一部を引き継いだ任意団体広島アニメーションシティの団体会員として連携、「ひろしま街じゅうアニメーションで賞」などの事業を続けてきました。

任意団体広島アニメーションシティがNPO法人に移行するに伴い、引き続き正会員として参画し、「アニメーションカフェ」をはじめとして市民レベルのサポートや拡がりで「アニメーションによる地域の活性化」を行っています。

活動内容

お問い合わせ

●Habyクラブ事業のお問い合わせはこちら⇒habyclub@hac.or.jp

●Habyクラブの過去の活動については、こちらをご覧ください。

お気軽にお問い合わせ下さい。

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

新着☆HACからのお知らせ

新着☆事業・イベント情報

Facebook & Twitter

PAGETOP